バリアフリー改修

介護・バリアフリー改修は、転倒の発生原因をなくす工事です。前面道路より玄関までのアプローチ、玄関より各室に向かう廊下の幅員・段差を改修し、室内で躓く原因になる場所を徹底的になくす。  風呂場、トイレ、階段の手すりの設置も大切です。

高齢者が寝たきりに成る原因の第1位は転倒です。  転倒の場所は圧倒的に自宅で、庭・アプローチの外部ではなく、室内で多く起こります。 若い人なら少しくらい怪我をしても病気にかかっても、安静にして寝ていれば大抵は治ります。 しかし、高齢者にとって過度の安静は、筋力や身体機能の衰えを招き、症状を悪化させる要因にもなります。中でも転倒が原因で起こりやすい大腿骨の骨折は、歩けるようになるまでに時間がかかるため、そのまま寝たきりになることも少なくありません。 骨折や怪我がなかったとしても、転倒により自信を失ったり、自力で動くことに対して恐怖心を持ったりすると、体を動かさなくなり、筋力が次第に衰え始めて、身体機能の低下を招くこともあります。 このように転倒は、高齢者の生活に大きく影響することがあるため、十分な対策を取る必要があります。

ご夫婦のお一人が怪我をして寝たきりになると生活設計が大幅に狂います。 ご自宅での老老介護に無理がある場合施設の入居を考えなければなりません。 現在でも首都圏の特別養護老人ホーム等の公的施設は慢性的に不足しています。 民間の老人ホーム入居を考えると夫婦二人の場合、自宅で生活する金額プラス年間200万円以上の追加資金が必要になります。

年金生活者がこのパターンになったら、ほとんどの人は生活が成り立ちません。 近年いわれる老後破産に向かって突き進むことになる前に、自宅のバリアフリー改修で無理なく快適に長く生活することを目指しましょう。 勿論、御高齢に成り運動機能が落ちた方、足腰が不自由な方でも無理なく生活できるようにサポートする改修でもあります。

横浜市にお住いの60歳以上の方は介護保険の補助金に加えて、高齢者住宅改修(最大100万円)も使えます。

また、国の制度では高齢者返済特例制度があります。 これは手持ち資金が一切ない年金生活者でも、毎月わずかな支払いで無理なく自宅の改修が出来る制度です。

補助金と返済特例制度を活用については、いつでもご相談をお受けしています。