最新情報NEWS

2017.12.20
ブログ

リノベーションは費用対効果の良い物をお勧めします。

耐震補強の際、壁の補強を行う際に、補強部分の壁は、内部に筋交、面材、で補強を加え金物を取り付けます。当然に工事部分の壁はクロスも下地も解体し裸状態にして行いますが、筋交・面材で柱と土台、梁を結ぶ工事の為、天井、床の一部を解体します。その際、壁・床・天井に断熱材を入れる工事と床を余分に落としてバリアフリーにする工事と2階の天井に断熱材を入れる工事は勧めています。コスト面で割安なのと「冬寒くなくなった。」「家の中でつまづかないので楽だ。」というお客様の評判が良いのと私自身が現場での家が変わってくる感覚を知っているのでお伝えしています。 横浜市エコリノベーション補助金が始められた時は、最初からかなりの工事を施工させていただきましたが、施工後に必ず「冬でも家の中は暖かい。」「夏にクーラーの効きが良く、切った後も熱くならない。」1年間住んでみて「電気代が大幅に下がった。」と言う使用感です。 当社のリノベーションは出来るだけ費用対効果が高く、後に喜ばれるものにしていきたいものです。